ページ

2013/06/18

Element 3Dで高解像度レンダリング時のOpenGLエラーについて

AfterEffectsの話題は初めてかもしれない。

VIDEO COPILOTのElement 3Dで高解像度(今回の場合は4K)でレンダリング時に
"hardware does not meet minimum specifications"のメッセージが表示されて
レンダリングが出来ないという質問があったので対処法について簡単に。



上記のメッセージは最低要件満たしていないよ、ということを意味していますが
この場合の要件というのはElement 3Dが使用するGPUのVRAMの事を指しています。

ではVRAMが足りないのであればVGAをグレードアップさせなければならないか?
というとそうでもありません、具体的な対処法は下記のリンクの下記の部分です。
VIDEO COPILOT 公式FORUM

Set multi-sampling down to 4 or even 2 and then turn up super-sampling to 2 or 4. Basically super-sampling is slower but doesn't use as much memory. Multi-sampling is very memory hungry. Memory usage is the key to stability in Element. The problem with OpenGL as opposed to DirectX is that when it runs out of memory, it crashes without warning. As much as we are trying to fix bugs, this is not technically a bug so keeping track of usage helps a lot.

簡単に書くと
Element3Dのメモリ使用量をうまくコントロールしないと処理が安定しない、
Multi-Samplingはメモリをバカ食いするから値を下げてSuper-Samplingの値を上げてくれ。
計算速度は遅くなるが処理はできるようになる、ということですね。


こちらのTOPICでは高解像度時と書きましたがElement3Dを使用したAEPの構成によって
VRAMの使用率も変わるので一概には言えませんね。

今回はnVidiaのQuadro4000でこちらの問題が起きましたがATI製品でもメッセージは違えど
同等の問題は起きるかと思われます。

0 件のコメント:

コメントを投稿